縮毛矯正専門店 ガロちゃん ごあいさつ

年々増え続ける縮毛矯正の失敗。
縮れたビビリ毛や、髪が千切れてしまう断毛。怖いのが、失敗した美容院に治してもらえないこと、もしくはトリートメントで対応しかしてくれず、泣き寝入りなど・・・。

〜初めてここをご覧になられていらっしゃる縮毛矯正のあなたへ〜

 ここにたどり着かれたあなたは、きっとご自身の髪の毛で縮毛矯正の本当の難しさをご体験された方だと推測致します。ここ数年、そういう方しか当店にご来店いただけていないので、そうあえて書かせて頂きます。
 縮毛矯正で失敗してしまった髪は私にとっても恐怖そのものです。ほかの美容室でも治せないという結論に至った髪は私にとって、誰も到達出来ないようなプレッシャーの中、本気で夢にでてくる怖さと戦いながらの施術となります。
 でも、治せなかったら困る女の子。今そこに私が必要な髪があるのなら・・・。一度で治せないほど痛んだ髪に泣きたくなるのを我慢してパソコンに向かい、そして遠い地にある当店を探して来てくれた女の子をそう簡単には家に帰せません。
 私の知り得る全ての技術と毛髪化学を駆使して、少しでも、ほんの少しでも綺麗になって帰したいと実践 しております。
 1分少々のこの縮毛矯正ビフォーアフターの動画で、少しでも勇気付けられる女性がひとりでもいらっしゃればうれしいです。




2014年2月にUPしたらしい。

なぜか不快に思う人が多いみたいで低評価の方が多いすが。。。


あれから3年。

経験値も上がり、もちろん知識と技術の向上もあり、もっとうまく治せるようになりました。。。が、

やっぱり怖いのは、今でも変わりません。


ただ今思うと、毎回思うこと。


“もうちょっと、なんとかできなかったかな?”



これのおかげで、今の技術になったと思います。

毎回自信は実はありませんが(笑)、なんとか心配させないで、そして治ると勘違いさせないようにして施術と結果を出し続けています。



一人目の女性は誰だったか忘れましたが、2人目の女性は今でも通ってくれています。


5万回のうち、きっと美容師さんが4万9千回くらい回したんかもしれませんが、もし本当に悩んでいる女の子が1000回くらいまわしてくれたとしたら。

そして、少しでも勇気が持てたとしたらうれしいなっていうコメントを、久しぶりの記事としてアップします。


ことしも暑い夏になるそうですね。


事故のない縮毛矯正が増えますように。







JUGEMテーマ:美容室



スポンサーサイト

コメント