あかちゃんのヘアカット  〜可愛く安全に〜

はい。ここまでは女の子のカットといっていい説明でした。

女の子の赤ちゃんは、基本的には3歳までは髪を伸ばし続けます。数えで3歳か月齢で3歳かは秋を迎えるにあたっての月齢で左右されることが多いみたいですが、髪の生え揃い方によっては数えで3歳の7〜8月くらいに生まれた女の子には、髪を結い上げて着物で一日過ごすのにはまだまだ厳しいものがあるかもしれません前髪だけを切り続けて、後はじょじょに髪が生え揃うのを待って、一束に束ねても大丈夫になってから七五三で美容師さんにセットしてもらい口紅ひいてもらってうれしいと感じることが出来るようになるのかもしれませんね。

ですが、おとこのこの場合は違います。

最初は前髪を切り続けると女の子みたいでむっちゃ可愛いのですが、だんだん耳まわりが痒そうになり、襟足(首まわり)も長く感じて来た頃にはさぁ大変前髪の時にも書きましたが、間違った人が間違った長さに切ってしまうか、ヘルメットを被ったようなカットになってしまって、どうしたらいいかわからずまだ切り進むか、ここで美容院に飛び込むかで意見は分かれるところ。。

これは個人的な考えなので参考程度に読んで欲しいのですが、たとえば丸坊主。

本来髪が生える理由である脳や頭を物理的な衝撃から守る為、紫外線などの太陽光から来る目に見えないものから頭を守るために髪は今生えてきています。なので幼少期の丸坊主も、むぅ〜っちゃ可愛いのですが、出来ましたらもう少し大きくなってからチャレンジすることにしていただき、今は頭皮が見えないくらいは長さを残して欲しいなと思います。

そして髪ってだんだん太くなってくるので、日々お顔周りの表情が男の子らしく変わってゆく様は丸坊主にしたお子様では確認することができないと思います。男の子は思春期の髪の成長もすごいものがありますが、幼少期の髪の変化もしっかり楽しんで欲しいなって思います。あかちゃんのときに丸坊主は絶対ないと思いますが、これから先に書くカットの施術時間とも関連したお話なので先に書いておきます。

おとこのこは、耳回り・襟足のカットも女の子と違ってすっきりさせます。この技術をなんとか習得出来たらいいのですが。。そうされると売上にかかわる大問題なので、技術的なお話はここでは書きません


JUGEMテーマ:美容室
 奈良県奈良市 おとこのこのヘアカットが上手な美容室
メモ

男の子の最初のヘアスタイルとその理由
施術時間

スポンサーサイト

コメント