授乳中のヘアカラーについて

私は市販のヘアカラーで染めようと思うのですが、母乳に影響ありませんか?

以前に美容室でカラーしたのですが、市販のものは薬が強いと聞いたので心配になりました…。教えてください。


JUGEMテーマ:美容室
JUGEMテーマ:髪の毛について
JUGEMテーマ:妊娠中のできごと
 
ガロの答え

母乳に影響は無いです。日本には厚生省の管轄している薬事法という法律がございます。この法律の中でヘアカラーが分類される医薬部外品に対する規制があるのですが、これこそが一般の方を危険から守るために作られている日本の誇るべき安全対策・必要な薬品の規制をひかれています。

ヘアカラーの薬品を口に入れれば大問題ですが、妊娠中や授乳中にヘアカラーを規制するような通達は発売以来一度も厚生省から出ていませんし、これから出るとは考えにくいです。

さて市販のヘアカラーと美容院のヘアカラーですが、薬剤の強さは毒性の強さではなく染まる力の強さが市販の方が強いと考えて下さい。美容師さんが染めなくても一般女性が施術して染まらないと売れないので“染まる力が強い”のです。なので当然市販のヘアカラーの方が美容院のヘアカラーよりダメージが強くなります。髪の心配はかなり必要ですが、人体に与える影響はアレルギーや刺激などを皮膚で感じることはあるかもしれませんが、お母様やお子様に及ぼす影響はご心配される必要はございません。問題無いです。

ですが、稀にヘアカラーやパーマ液の毒性をとある商品を使ったりまぜたりするうだけで浄化されたり健康になったりはたまた水が綺麗になる?謳う会社があります。ヘアカラーは有害物質のカクテルとか、パーマ液が体内に浸透して・・とか、ひどい場合だと出産したときの羊水がシャンプーの香りだったなどと誰も聞いたことの無い様々な現象?や影響?などを報告しますが、あくまで“消費者の声”としての紹介されるだけです。情報はいろいろ取ることは出来ますが、ひとつの会社が出す情報と、国が定めた安全は上手にバランスを取って仕入れるのが一般的です。

素敵な髪を楽しんで、素敵な子育てをしてください。

スポンサーサイト

コメント